Validation software

バリデーションの堅牢性と効果をもっと効率的にリスクベースのデジタルプラットフォームを使用し、バリデーションの構想からドキュメンテーション、バリデーションの実行、保管、承認、監査対応まで一つのプラットフォームで実現致します。

製品デモについてはお問い合わせください。

VLMS

VLMS

バリデーション ライフサイクル マネジメント システムによって、バリデーションの構想段階から監査、そして廃棄に至るまで、各種規制やリスクベースアプローチが組み込まれたシステムが、Yes / No チャートを用い、URS、CSV、CQV等の各種書類作成をサポート。要求事項やURS、SOPをハイパーリンクでアクセス閲覧できるため、正確かつ時間短縮を実現致します。

電子実行

電子実行

オンライン、オフライン問わず、VMLSで作成したCQV書類を現場に即した端末を使用し、各種CQVを実行可能です。
CQV書類へカメラ撮影や計測器からデータのインポート、アップロードを直接行い、最終的にユーザーや承認者への提出、承認まで電子的にシームレスに結合致します。

迅速な監査対応

迅速な監査対応

広範囲にわたる製造プロセスのバリデーションにおいて、紙ベースのバリデーション監査は困難を極めます。
書類の準備、関係部署との調整、各種書類との連携、関連規格、法律、要求事項等、監査対応も負担のひとつとなっておりました。
VLMSなら、書類フローからは勿論、個別の書類のパイパーリンクからもそれぞれ関連する書類や記録にアクセスすることが出来、オーディタ―から求められた書類を印刷することで、監査の事前準備の時間を大幅に短縮致します。

サービスベンダーのCQVも一元管理

サービスベンダーのCQVも一元管理

CQVのアウトソーシング管理もVLMSで行うことが可能です。
これまで各ベンダーから提供されていた多種多様な書類形式から別れを告げましょう。
ベンダーにVLMSのアカウントと権限を付与し、ユーザーとベンダー間の書類の往来をシームレスに繋げます。
ハイパーリンクを活用し、瞬時にURSや関連する他の書類、設備が確認できます。